So-net無料ブログ作成
検索選択

【明美ちゃん基金 ベトナム医療団】回復順調、戻った笑顔(産経新聞)

 【ハノイ=油原聡子】1日に日本の医療団と現地医師らの協力によって手術が行われた2人の子供は、一夜明けた2日、集中治療室で意識を取り戻し、順調な回復ぶりを見せた。

 心房中隔欠損などの手術を受けた男児、グエン・ニャット・ミンちゃん(4)は、母のアインさん(30)がおでこにキスをすると、そっと目を開いて安心した表情。一方、ファロー四徴症の手術を受けたファム・ティ・モーさん(13)は「傷口が痛いな」と言いながらも、看護師から「大好きな学校に行けるようになるね」と声をかけられると、うれしそうに「うん」とうなずいた。

 2人の状態を確認した国立国際医療研究センター手術部の河内正治部長は「状態は大変いい。感染症に気をつければ、近いうちに普通の子供たちと同じ生活が送れるようになるだろう」と話している。

 医療団は2日もファロー四徴症に加え、動脈管開存症などの合併症がある男の子、フィー・バー・ティンさん(17)の手術を指導し、無事終了した。

 「明美ちゃん基金」への振り込みは、みずほ銀行東京中央支店・普通口座110−567941「産経新聞社社会部明美ちゃん基金」。郵送の場合は、現金書留で〒100−8077 産経新聞東京本社社会部「明美ちゃん基金」へ。

【関連記事】
【明美ちゃん基金】回復順調、戻った笑顔 1日手術の2人
明美ちゃん基金 日越医師、子供2人を手術
ベトナム医療団、先天性心疾患の医療指導を開始 明美ちゃん基金
明美ちゃん基金に38年後の恩返し 外国人1号の“坊や”が2万ドル寄託
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
「はやぶさ」帰還へ

詐欺 小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)
<刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
ゾウガメ 39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)
ツイッターに女性殺害予告=脅迫容疑で32歳男逮捕―警視庁(時事通信)
環境に配慮したベンツのSUV「ML 350 BlueTEC 4MATIC」――登山家・野口健特別仕様車も(Business Media 誠)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。